カテゴリー「学問・資格」の22件の投稿

ヴァンドゥーズ

フランス語で女性の販売員の事をヴァンドゥーズと言います。

月曜日に開かれた講習会にラ・メール・ブランシュのヴァンドゥーズも参加してきましたので、その報告です。

ヴァンドゥーズのお仕事は商品を売ることを通じて、お客様にサービスを提供すること。

「様々な知識や技術を駆使して、お客様が楽しく心地よいお買い物の時間を過ごすためのお手伝いをする」

ヴァンドゥーズはただケーキを販売するだけで、誰にでも出来るような簡単なお仕事ではありません。

サービスとはお客様に喜んで頂くことです。

何となくやっていた、販売の仕事が

何のためにやるのか?

何をやるべきか?

何が適切な方法なのか?

普段の仕事を見直し、さらにプロフェッショナルなヴァンドゥーズを目指してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

佐藤一斎

岩村城跡地記念館の石碑に書かれていた言葉です。「言志四録」は小泉前首相が発言したことで一躍有名になった「三学戒」。

勉強し続ける事の意味。

「三学戒」から

「少くして学べば壮にして為すことあり。

壮にして学べば老いて衰えず。

老にして学べば死して朽ちず。」

佐藤一斎(さとういっさい)

↑本の内容説明から

江戸時代の藩士たちに多大な影響を与えた佐藤一斎の2大名著『言志四録』と『重職心得箇条』のエッセンスを現代語訳し、まとめたもの。これら2冊は200年後の今なお、指導者たちにより読み継がれているもので、指導者としての心構えやいましめをまとめたものである。

   心構えとしては、「『欲』を塞いで心身を養う」、「自分自身を『恃める人』になれ」、「断固、守るべきものは守り、変えるべきものは変えよ」、いましめとしては「人の短所を見て優越感をもっていないか」、「自分の好みで部下を使うな」、「『忙しい』のは恥と知れ」などが掲載されている。

   ある程度の社会人経験を積んだ人なら、本書に掲載されている言葉の重みがよくわかるだろう。何度もくり返し読むことで、日常の仕事に生かしたい。(土井英司)

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんなパティシエになりたいのか?

最近のなりたい職業ランキングで上位に入るパティシエですが、皆さんどんなパティシエになりたいのでしょう?

ただ「パティシエになりたい」と漠然と考えているだけでは現実が見えていません。

shineもしあなたが学生だったら将来どんなパティシエになりたいですか?

どんな仕事があるの?」

ケーキ屋さんで働きたいですか?

それともホテル?

コンクールで優勝するようなパティシエになりたいですか?

お金儲けがしたいですか?

オーナーパティシエになってお店が持ちたいですか?

有名パティシエになりたいですか?

カリスマパティシエになりたい。

海外(フランス)で働いてみたいですか?

研究所(ラボ)で新商品の開発がしたいですか?

専門学校の教師になりたいですか?

大手の製菓店(工場)で働きたいですか?

レストランのデザートが作りたい。

ウエディングケーキを作る仕事がしたい!

カフェでお菓子を作りたい。

独立して何店舗もお店が持ちたい!

具体的にどんなところで働きたいのか決めると、自分がなりたいパティシエの道が見えてきますよ。

パティシエになりたい!

もし、あなたが既にパティシエの方は将来どんなパティシエでいたいですか?

自分の未来を考えて、今の仕事をしないと何のためにパティシエになったのか分からなくなってしまいます。

目的を考えると今、何をしなければいけないのか?自ずと見えてきます。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職業講座

多治見市では毎年キャリアスタートウイークの一環として中学校で職業講座が開かれています。私は今年で2回目、南姫中学校に出かけて来ました。

生徒も緊張するのですが、先生をするのも緊張!

大丈夫かな~

心配しながら当日になってどうしよう?!

焦る気持ちが・・・coldsweats01

1時間ほどの授業ですが、子供達が退屈しないようにするのが大変。

スライドショーでケーキの写真を見せたり、お菓子のクイズをしたりとても楽しく授業が出来たのではと自己満足で帰って来ました。happy01

毎日、授業をする先生の気持がよく分かりました。

大変ですよ。

集中させるの、子供だから・・・

http://www2.city.tajimi.gifu.jp/~mhime/

住所:〒507-0062 岐阜県多治見市大針町283-1

電話:0572-29-2256

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3S

仕事の基本、プロフェッショナルに必要なものは3S整理・整頓・清掃と言われていますが、それ以外にも5S、30Sがあります。

5Sとは整理・整頓・清掃・清潔・しつけです。全ての言葉がSから始まります。さらにSがつく言葉を探すと30語もあるのです。凄いですよね。

顧客満足度日本一を誇り、2004年度日本経営品質賞を受賞したホンダクリオ新神奈川の社員教育「30S」をご紹介します。

 1.「整理」 無駄なものを捨てること
 2.「整頓」 必要なものを必要な場所に置く
  3.「清掃」 拭き、掃き、清めること
 4.「清潔」 衛生的であること
 5.「躾」   礼儀正しいこと
 6.「作法」 行儀のよいこと
 7.「清楚」 飾り気が無くて美しいこと
 8.「素直」 注意や忠告を受け入れること
 9.「親切」 困っている人を助けること
10.「誠実」  嘘やごまかしをしないこと
11.「信用」 間違えのないこと
12.「真剣」 命がけで行うこと
13.「正義」 純粋な心、損得よりも善悪
14.「辛抱」 (忍耐)向上心を持ち続けること
15.「債権ゼロ」 売掛禁止、出来心防止
16.「スピード」 すぐ実行すること
17.「スマイル」 常に笑顔を保つこと
18.「サンクス」 全てに感謝の気持ちを持つこと
19.「サービス精神」 心のこもった対応をすること
20.「センス」 磨けば光る
21.「ショールームはリビング」 お客様のリビングルームにすること
22.「節約」 無駄を省く、必要なお金を使う
23.「率先垂範」 上司がやって部下に見せること
24.「切磋琢磨」 競い合うこと
25.「趣味の推薦」 読書と貯金と親孝行
26.「心配が仕事」 幹部の仕事は心配すること
27.「先輩がマニュアル」 先輩は全員がマニュアルに
28.「失敗は会社の財産」 失敗の公表
29.「創意工夫」 独創的な考え、新工夫
30.「先生はお客様」 お客様は月謝を下さる先生

| | コメント (2) | トラックバック (0)

就職活動は難しい

久しぶりにSちゃんが遊びに来てくれました。フランス留学から帰国して、就職活動中だったのですがようやくお店が決まったと、報告に来てくれました。

彼女が考えているよりもパティシエの就職先を見つけるのは難しかったようです。最近の不況により、人手が足りないお店は多いのですがそんなに多くのパティシエを抱える事が出来ないのが現実。有名店は時期が悪いのか、「今は必要ないから」とか「最近雇ったばかりなんだよね」など。夏場には人が必要で無くなるので、すぐ就職したい人には難しいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来の自分に、手紙を書こう。

中学2年生の女の子がパティシエ体験学習に来ました。今年から3日間職場で学生さん達がお仕事を頑張るので十分時間があり、色々質問してみました。

「将来パティシエになりたいの?」

「ハイ…」

「この仕事じゃなかったら何になりたいの?」

「トリマーです。」(動物好きなのかな?)

「そうなんだ~今何歳?」

「13です。」(若いね~)

「じゃあ、あと2年で15歳だね。未来の自分はどうなっていると思う?」

「バカになっていると思います。」

「えっ!」(ふざけてるのかな?)「どういうこと?」

「小学校の時、未来への手紙を書きました。」

「その時、未来の自分はどうなってる?って書いたの」

「バカになっている。」(まじめに答えていないのかな?)

「どう言う意味?」

「勉強、出来ないし・・・」

「勉強だけが人生じゃないよ。努力する事が大切!何もしなければ変らないから。少しずつでいいからやってみなくちゃ!」

どうなんでしょう?

本気でそう思っているのか?心の中までは読み取る事が出来ませんが、子供たちの将来どうなるのでしょう?

http://www.mirainotegami.jp/

↑未来の自分に、手紙を書こう。「拝啓、未来の私」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パティシエになるには?

高校生の生徒が職場を見学に来ました。夏休みの宿題でケーキ屋さんの取材だそうです。写真、レポートなどを書き、授業で発表するそうです。

すでに現役パティシエの皆さん次ぎの質問に正直に答えてみてください・・・

「パティシエになろうと思ったきっかけは何ですか?」

「いつからなろうと思ったのですか?」

「どうすればなれるのですか?」

「仕事で大変な事は何ですか?」

「仕事で楽しい事は何ですか?」

「1日何時間くらい働くのですか?」

「主にどんな物を作るのですか?自信のあるお菓子は何ですか?」

「お菓子の種類はどのくらいあるのですか?」

「お菓子とはずばりなんだと思いますか?」

パティシエの仕事は華やかだと思っている人が多いと思いますが、座ってする仕事ではありません。長時間立って作業しますし、重たい荷物を持ったり、泡立てたり、生地を作ったり体力が必要になります。また細かい作業もあり手先の器用さ、繊細さとセンスが要求されます。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

フランスのパティシエ

フランスでパティシエの仕事をしたいと考えている人に情報です。

http://www.cidj.com/Viewdoc.aspx?docid=522&catid=1

↑労働時間は週35時間と決められていますが、実際この時間を守るのはパティシエには無理!ありえない政策だとフランス人は言っています。初任給は1350ユーロです。

http://www.lesmetiers.net/fiches-metiers/france5/index-fr.php?inc=fiche_metier&idDoc=4431&page=2

↑資格CAPが必要です。

http://www.compagnons-du-devoir.com/main.php?rub=2481

↑パティシエには階級がありコンパニヨンと呼ばれる職人を育てる制度がフランスにあります。

アンジェのケーキ屋さん「L'HORLOGE」25歳のパティシエにインタビュー記事(1999.3.27)フランスのパティシエは週39時間から最高40時間働きます。15歳から始めて10年働いている彼の毎日の仕事は4時に始まり11時半に終わりますが、忙しい時期(イースターとクリスマス)は15時まで、仕事です。それ以降になる場合も。

http://www.lesmetiers.net/fiches-metiers/france5/index-fr.php?inc=fiche_metier&idDoc=4431&page=3

↑フランス人のパティシエ達はいくらもらっているの?

http://www.ast74.fr/risques_metiers/id-33-boulanger-patissier

↑パティシエ、ブーランジェの仕事リスク&健康。

http://www.studya.com/formations_metiers/alimentation/patissier.htm

↑子供のころの夢「お菓子やさん」

http://www.imaginetonfutur.com/Boulanger-patissier.html

↑朝早いパティシエ・ブーランジェの仕事。フランスの子供たちは14、15歳くらいから自分の職業を決めなければいけません。だから20歳くらいの子でも立派なパティシエになっている子もいるので、20歳を超えてから日本人の留学生達はプレッシャーです。何も出来ないじゃない?!と思われないようにしっかりと勉強をしてフランスに行きましょう!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

パティシエになりたい!

子どもたちのなりたい職業の一つにパティシエがあります。そこで今回パティシエの仕事の内容、資格、収入などに付いて色々調べてみました。

↓あしたね仕事人think

http://j.ashitane.net/job/%E3%83%91%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%82%A8

↓パティシエ(洋菓子職人)の仕事について、学問、資格、仕事を調べる

http://shingaku.mynavi.jp/shiraberu/shigoto/166/

↓天職みつけ隊、職業体験ネット

http://www.syokutai.jp/job/ob_show/jpsn00102/

↓パティシエ、お菓子職人になるには?happy02

http://www.kantanda.com/pati/100_/ent255.html

↓重い物を沢山持つので、ききうでが太くなる。クリスマスシーズンは徹夜が続く…

http://www.arukita.com/jiten/chapter03.html

↓あなたに似合った仕事検索

http://school.ispot.jp/job/confectioner/

" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }">

↓職業体感LIVE

http://www.shokutai-live.jp/

↓仕事内容、ケーキは皆で一緒に作ります。パティシエのインタビュー

http://j.ashitane.net/worker/%E5%B3%B6%E6%9D%91%E5%8F%AF%E5%A5%88

↓13歳のハローワークHPから

パティシエはフランス語で、ケーキ職人や菓子職人のこと。日本でも、ケーキ、パイ、チョコレート、ビスケット、ムース、アイスクリームなど、さまざまな洋菓子を専門に作る洋菓子職人のことをパティシエと呼び、近年女性の進出が目立っている。材料をまぜるときの手順や温度、調理時間など、洋菓子の種類ごとに細かなコツがあり、それを正確に理解して、どんなときでも同じ品質のものをつくれるだけの技量が必要。同時に、デコレーションのセンスや常に新しい店や洋菓子を研究する好奇心、オリジナルの洋菓子を編み出す創造力も求められる。食品全般の知識や、洋菓子それぞれの背景にある食文化に対する造詣も必要だ。調理師専門学校の製菓部門で学んだ後、洋菓子店やホテル・レストランのパティスリー部門などで修業するのが一般的。店のパティスリーシェフを目指す、独立してパティスリーを開くなどの道がある。必須ではないが、和・洋の実技試験がある菓子製造技能士を取得すると、菓子の世界の知識と技術を深めるのに役立つだろう。

http://www.13hw.com/job/05_02_07.html

↓未来の仕事、和泉光一(いずみ こういち)さん / サロン・ド・テ スリジェのインタビュー

http://kids.gakken.co.jp/shinro/shigoto/special/07/index.html

↓あしたをつかめ●学校放送●flair

http://www.nhk.or.jp/shigoto/zukan/043/top_2.html

↓中学生のための進学相談室school

http://www.school.js88.com/success/consult/consult.asp?c=2&m=10&p=1&s=30&scl_tp_cd=11

↓杉野英美氏のインタビューNHK「プロフェショナル仕事の流儀」あたり前が一番難しいと言っています。

http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/060124/index.html

↓YAHOO!きっず「あこがれのお仕事特集」

http://kids.yahoo.co.jp/docs/event/job2003/infolist/patissier/

↓資格、スクールナビ。

夢のように芸術的なスィーツから、定番のケーキcakeまであらゆる洋菓子を作るプロフェッショナルがパティシエ!

http://www.careerup-navi.jp/job/patissier.html

↓パリで活躍するパティシエ「サダハル・アオキ」さんのインタビュー記事

http://www.cahierdeparis.com/1_%83C%83%93%83%5E%83r%83%85%81%5B01.+%83p%83e%83B%83V%83G%A5%90%C2%96%D8%92%E8%8E%A1%82%B3%82%F1_95

↓フランス語研修付き、スタージュ(職業研修)

http://www.france-acces.com/cfa.html

↓女性の転職、仕事good

http://www.tensyokusigoto.com/food/post_318.html

↓菓子職人・パティシエ、資格と仕事NET

http://www.shikakutoshigoto.net/job-search-list_CCJ030085_?vos=nssnovtw30704030011

↓いち髪、柿沢安耶さんポタジェのシェフインタビュー「女性パティシエとして苦労した事はありますか?」

http://www.ichikami.jp/ichikamibito/0801/02.html

↓日経進学Navi、地道な作業に耐えられる粘り強い人がパティシエに向いています。

http://daigaku.shingakunavi.jp/p/contents/knowjob/0901.html

人気ブログランキングへ

| | コメント (31) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧