カテゴリー「製菓材料」の112件の投稿

北海道サツラク牛乳

Saturaku03 Saturaku01 北海道の佐々木牧場を見学してきました。

牛乳の原料になる牛のミルクはこの子牛が産まれないと、私たちの飲む牛乳が作られないのです。

それを思うと貴重です。

大切にお菓子に使いたくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カルピス発酵バター

カルピスの乳製品が手に入りにくくなりました。

震災後生クリームの入荷が無理になり、ついにバターまでダメになりそうです。

特に発酵バターは11月ごろまで製造が無理そうなので、この夏場に品切れになりそうな予想?!

業務用のバターは最後に生乳が余って出来るので、いつになることか・・・

一般小売りのバターは大丈夫ですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雪印ネージュ

新商品「雪印クリームチーズネージュ

輸入クリームチーズをベースに、北海道産クリームチーズをブレンドすることで、特にベイクドチーズケーキに使用した際の「上質な風味」と「濃厚感」のある仕上りが特長のクリームチーズとなっている。手頃な価格設定による、高いコストパフォーマンスも実現したとのこと。

滑らかなクリームチーズでそのまま食べるとちょうどいい感じです。

チーズにバターが加えてあるので柔らかくて、混ぜやすく作ってあります。その点が従来のケーキを作るのに配合をそのまま置き換えるのは難しいかもしれませんが、新商品を作るのなら良いかもしれませんね。

http://www.meg-snow.com/

↑雪印メグミルクHP

| | コメント (1) | トラックバック (0)

はくばく

国内産小麦100%「ガトーナチュレJPN」(ジャポーネ)

口どけ、しっとり感が非常に良い最高級菓子用粉。

灰分:0.42%

蛋白:8.5%

http://www.hakubaku.co.jp/

↑株式会社はくばくのホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サツラクのバター

フランスと同じ製法の発酵バターを作っている北海道のメーカーです。

北海道の石狩平野を中心に活動するサツラク農協組合員100戸の牧場から集められた生乳を使用し、職人が愛情込めて丹念に練り上げて、「本物の味」を追求しました。

http://www.satsuraku.com/

↑サツラクバターのおいしさの秘密

100年間、牛乳にこだわり続けたサツラク。 バターは、芳醇な味わいの贅沢な逸品。保存料・安定剤等の添加物不使用。塩分は一般有塩バターに比べ45%カット(五訂成分表比較)しております。 塩分カットですので、お料理にご使用なされても素材の味が生き、ヘルシーなバターです。

生クリームを乳酸菌で発酵させるヨーロッパスタイルのバターです。保存料・安定剤等の添加物不使用。 香り豊かでコクがあり、お口の中でふわっとひろがる優しい味をご賞味ください。 レギュラータイプ同様、塩分は一般有塩バターに比べ45%カット(五訂成分表比較)しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピストレスプレー

ケーキの表面にうっすらと色を吹き付けるピストレが簡単に!

手軽にスプレーするだけでデコレーションが・・・

誰でも多彩な色を表現出来ます。

イタリアPavoniパボーニ社の「ピストレスプレー」

http://www.fmi.co.jp/products/seika/spray.html

スプレーガンなどの道具なし、ピストレアパレイユも作らずスプレーするだけで簡単に着色できます。

パボ―二のデコレーションスプレーは使い捨てタイプなので、手間がかかり神経を使う洗浄が一切要りません。
洗浄時間・乾燥時間の短縮になります。

カカオバターをベースに作られているので、フルーツのムースなどにも味の邪魔になりません。

コンパクトなスプレー缶なので、作業時・保管時にも場所をとりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

根釧牛乳

東北地方太平洋沖地震の影響により牛乳パックの不足がニュースになっていることは皆さんご存じだと思いますが、よつ葉乳業の特選十勝牛乳も手に入りにくくなりました。先週から代替え商品としてこの根釧牛乳(こんせん)に替わりました。

北海道根釧地区限定牛乳です。風味を損なわないように生産地の工場でパック詰めしています。

http://www.yotsuba.co.jp/

↑よつ葉HP

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マルトセック

溶かしたチョコレートをパウダー状にする製菓材料です。

スペインのSOSA(ソサ)社の新製品、マルトセックMALTOSEC。

タピオカ由来のマルトデキストリン。

油脂分を吸収する性質から、油脂製品をパウダー化することが出来ます。

使用方法:

溶かしたチョコレートやジャンドゥージャ等に少しずつ加えると、その油脂分を吸収して水分の入らないガナッシュのような状態が出来ます。

さらに添加量を増やせば、カカオバターの凝固作用を利用して和菓子の落雁やポロポロネーネの様な固型状になり成形することが出来るようになり、最終的にはパウダー状にすることが出来ます。

オーリブ油など各種オイルもパウダー化でき、料理にも幅広くご使用できます。

冷凍可能。

注意点:素材に水分が含まれる場合はパウダー化出来ません。

マルトセックを使ってポロポローネの作り方。ビデオはこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アルブミナ

卵白を使わなくてもメレンゲが作れる製菓材料「ALBUMINAアルブミナ」

SOSA社から新商品の紹介です。

卵白中に一番多く含まれる、たんぱく質「アルブミン」のみを抽出精製した乾燥卵白。

気泡性が高くキメの細かい安定性の良いメレンゲを作ることが出来ます。

生菌数が少ないため、非加熱でも安心して使用できます。

使用方法:

水分量に対して5~10%添加する。

1kgあたり50~100g程度。

流動性の良い物には添加量8%程度。

繊維質の多く粘度の高い液体には10%程の添加量が必要です。またはその液体をシロップで薄めてご使用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャージー牛乳

国内の乳牛のうち1%未満しかないジャージー種。

一般的なホルスタイン種に比べて小さい体格ながら、出す乳は成分が濃く独特な風味があります。

日本にはホルスタインは164万頭に対して、ジャージーは1万頭。

希少な牛です。

さらに1頭当たりの年間産乳量はホルスタインが約6000~8000kgですが、ジャージーは約4000kgしかありません。

1頭当たりの産乳量が少ない!

しかし・・・

世界の5大乳用種の中で最も高い乳成分を持っています。

http://www.jersey.com/English/Pages/default.aspx

↑ジャージー島。服のジャージーもこの島からつけられました。

http://www.visitbritain.com/ja/JP/

↑英国政府観光庁ホームページ

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧