カテゴリー「ケーキ屋」の33件の投稿

OPERA

博多のマダムを頂きました。

お菓子の工房オペラOPERAです。

バウムクーヘンもこちらの物は平たい板状の層!

住所:福岡市東区松崎3-14-1

電話:092-611-1197

お店が移転して広くなったそうです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ル ミュゼ ドゥ アッシュ

あーさんが車carで金沢の旅に出かけて来ました。

マグロードが出来たから高速道路を運転したのは3時間ぐらいで途中休憩を入れて4時間くらいで着いたそうです。

大変!happy02

お土産に頂いたのが辻口シェフの芸術的なケーキ。shine

デザインがスタイリッシュ!でした。

http://www.kagaya.co.jp/le_musee_de_h/

↑ル ミュゼ ドゥ アッシュKANAZAWA

石川県七尾市にある辻口博啓美術館【ル ミュゼ ドゥ アッシュ】。

住所:〒920-0963 石川県金沢市出羽町2-1

石川県立美術館内

電話:076-204-6100

営業時間:10:00~19:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

W.Bolero

先日滋賀に出かけたとき報告が遅くなりましたが、「ドゥブルベ・ボレロ」にも寄って来ました。田園風景を眺めながらのドライブ、ずいぶん走ってきたなと思ったころ南仏風の建物が見えて来て到着です。近くには大きな電気屋さんがあるのでこちらを目印に出かけましょう。

Wbolero01 ケーキもお洒落!

プロバンスの布があちらこちらに使われていて、南仏をイメージしてお店づくりされています。

鎌倉の「レザンジュ」で修業された渡辺 雄二シェフのお店。

「とんねるずのみなさんのおかげでした」新食わず嫌い王決定戦で紹介されたスペシャリテ・ドイツ東部ドレスデン地方の代表的なチーズケーキ『アイアシェッケ』が有名です。ドイツ語で「まだらな卵焼き」と言う意味。

そぼろ状のクッキーの下には、バターとカスタードクリームの層、クリームチーズ主体の層(レーズン入り)、そして一番下はクッキー生地の4層仕立て。とても濃厚なベイクドチーズケーキです。

Wbolero03 プロバンスに来たかのようなお店。

ヒマワリとラベンダーが庭に咲いていました。

ヴァンドゥーズの話ではお庭で採れたブラックベリーでジャムを作られるそうです。

Wbolero02 こちらのジャムは全部自家製。

http://www.wbolero.com/index.html

↑W.Boleroのホームページ

住所:滋賀県守山市播磨田町48-4

電話:077-581-3966

定休日:火曜日(祝日の場合は翌日休業)

お土産にマカロンを頂きました。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日牟禮ヴィレッジ

ラ・メール・ブランシュ研修旅行に今週行って来ました。

Himure02 写真はバームクーヘンにグラスアロー(砂糖のシロップ)を付けている場面です。刷毛で温めた砂糖を器用にバームクーヘンを回しながら付けて、乾いたら手前にあるナイフで切ります。

滋賀の「クラブハリエ」さん。その他にヒコニャン&彦根城も寄って。heart04どちらが本当の目的なのは別として、バームクーヘンを皆で食べて来ましたよ。出来たて、焼きたては違うね。バームクーヘンと言うよりもスポンジケーキみたいなパウンドケーキのような食感です。

http://clubharie.jp/

日牟禮ヴィレッジ

住所:滋賀県近江八幡市宮内町日牟禮ヴィレッジ

Himure01 カラメルのケーキです。奥に見えるのはタルト・シトロン。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ラ・ヴィエイユ・フランス

ラ・ヴィエイユ・フランスの木村成克(しげかつ)シェフ講習会に出かけて来ました。

今回のテーマは「NEO リ・ファリーヌ ・・・和の食文化の新たな発掘」

焼き菓子の講習会。

Flan01 「フラン・ドゥ・リ」

パータ・フォンセ・ドゥ・リ(生地に50%米粉を使っています)

クレーム・パティシエール・ドゥ・リ

すべて小麦粉を米粉に置き換えて作ってあります。味は小麦粉とそれほど変わらないので、これが米粉ですよと言われなければ分からないほど、違和感を感じませんでした。

Madelaine01 「マドレーヌ・ドゥ・リ・コメルシー」

講習会では小麦粉を使って作ったマドレーヌと米粉のマドレーヌを食べ比べしました。やや甘みを感じるのがNEOリ・ファリーヌ、米独特の甘みを少し感じます。炊き立てのご飯が甘く感じるのに似ています。

群馬製粉の米粉を使って提案する洋菓子が目的なので、従来あるリ・ファリーヌよりも10%粒子の粗い米粉を加えたNEOリ・ファリーヌの紹介でした。

Fondant01 「フォンダン・ショコラ」

フレキシパンを使ってチョコレートケーキを焼いてあります。中心のくぼみにコンフィチュール・ドゥ・フランボワーズ・ペパンをコルネに入れて絞ります。又はパータ・グラッセ・ブリュンヌ(チョコレートソース)。

ラ・ヴィエイユ・フランス

住所:東京都世田谷区粕谷4-15-6 グランデュール千歳烏山 1F

電話:03-5314-3530

定休日:月曜日

プロフィール:木村成克(きむら しげかつ)

1963年1月19日大阪府出身

国内のパティスリーを経て1987年渡仏。

フランス各地のパティスリーやショコラティエで実績を積み。

1993年、パリの名門パティスリー「LA VIEILLE FRANCE (ラ・ヴィエイユ・フランス)」で日本人初のシェフパティシエに就任。

2007年9月15日 LA VIEILLE FRANCE台場店オープン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジェラール・ミュロ

神戸のケーキ屋さん事情はどうなっているのか調べていたら、ジェラール・ミュロが倒産していたそうです。crying深刻な不況が進む中、景気とケーキの関係は世界情勢や経済を反映しています。

フランス、パリのお店は別の経営なので大丈夫ですが、日本国内のジェラール・ミュロは撤退しました。博多イムズのお店は大きかったので、あのスペースは何が今できているのでしょう?!2月20日営業終了。

http://www.gerard-mulot.com/

↑ジェラール・ミュロHP

http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20090223/133965/

↑神田精養軒の自己破産ニュースから、

シェ・コパン、ジェラール・ミュロフーズ、シェフガトー、パンロード、芦屋ぎんなんの5社も閉店。

http://www.ryutsuu.biz/strategy/b022501.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エクレア

トリコロールのエクレアモナリザのエクレアを見たことありますか?

パリのフォションからこんなに斬新なデザインのエクレアが登場です。

いったいどうやって作っているの?!coldsweats02

う~ん難しそう!coldsweats01

たぶん三色のフォンダンを用意してエクレアの表面に白をかけます。それから同じ硬さの赤と青をコルネに入れて絞るんじゃないかな?後は手で余分なフォンダンを取り除いて出来上がり!

転写シートを使えばモナリザの目は作れそうですね。こちらはチョコレートのグラッサージュでエクレアにかけるのではないでしょうか?

http://www.flickr.com/photos/37900408@N08/sets/72157617483150738/show/

エクレール・ア・ラ・フレーズは赤と白のシマシマ2色。

辻フランス校ブログにマダム・ジョコンドの記事を見つけました。

5月5日のこどもの日向けに、こいのぼりのエクレアが発売するそうです。

日本駐在フォション・シェフ、ニコラ・シャンベール氏が考えた鯉のぼりエクレア。ピンクとブルーの2種類。ピンクは、イチゴの果肉が入ったカスタードクリームをエクレアのシュー生地で挟み、ホワイトチョコレートのグラサージュにピンクの鯉のぼりをプリントしたもの。ブルーは、ブルーベリーの果肉が入ったカスタードクリームをシュー生地で挟み、同じくホワイトチョコレートのグラサージュにブルーの鯉のぼりをプリント。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヴィタメール

ベルギーの首都ブリュッセルのグラン・サブロン広場にある老舗パティスリー「ヴィタメール」から春のエクレアが登場。

http://www.wittamer.jp/index/index.html

ピンク色のフォンダンに桜の模様が入ったチョコレートの転写を飾っておしゃれにしたエクレア。中身はカスタードクリームにイチゴをサンド。(JR高島屋)

その他に桜のフレーズ・ブランも名古屋松坂屋北館に登場。

『ヴィタメールの歴史』

1910年ベルギーの首都ブリュッセルで「ヴィタメール」創業。日本暦で明治43年、ロンドンで日英博覧会が開かれた年でありました。

味に対する厳しいまでのこだわりはいつしか評判を呼び、ベルギー王室御用達の老舗と成長し王室の特別のおもてなしには、必ずヴィタメールのチョコレートやお菓子が使われるようになっています。

日本の王室とも馴染みの深いベルギーの王室の紋章がヴィタメールに使われているのにはそのようなわけがあるのです。

1990年2代目社長アンリ・ギュスターヴ・ヴィタメールは遠い極東の国日本との2号店出店の契約を結びます。しかし自身も味には絶対の自信をもつアルティザン。この出会いが志を同じにする日本人菓子職人でなかったならば、今も門外不出の技術がヨーロッパを渡らなかったであろうと言われています。同年ヴィタメールジャポン設立。

NHKのBSでヴィタメール・チョコレートショップ&工場が紹介されました。

ベルギーのお店の住所はこちら

かつて馬車が通っていた石畳の角のとれた丸みをみつめながら歩いて行くと、緑に包まれた教会のもとに小さな広場が現われる。週末には蚤の市が立ち、数々の笑顔になごまされる憩いの場所。それがグラン・サブロン。屋外に無造作に椅子がおかれたその店こそおよそ100年の歴史を刻むパティスリーの老舗です。

12 Place du Grand Sablon
1000 Bruxelles
Belgique

もしあなたがブリュッセルを訪れることがあるなら、ぜひグラン・サブロン広場までお越しください。私たちのお店ヴィタメールはそこにあります。お急ぎならテラスで、すこしお時間があるなら2Fのカフェでご休憩されることをおすすめします。
 ヨーロッパの中でも小さな国ベルギー。まずはその名の通り大きな広場、グラン・プラスにどうぞ。市庁舎と王の家が向かい合う広場は世界でも美しい広場と賞されています。週末は市場が並び夜景もことのほか美しい場所です。市庁舎の左には触るとご利益のあるといわれるセルクラース像。通りの先へ足を伸ばせば、有名な小便小僧(ジュリアン君)がいます。次のブロックには衣装とレースの博物館。アンティークレースなどが展示しています。通りのレース屋ものぞいてみましょう。100年前のレースが意外と手頃なお値段で手に入れることもできますよ。
 町中の建物すべてが独特の雰囲気につつまれているこのあたりは、お時間さえあれば馬車に乗っての観覧もいい思い出になりますね。そうそう。その博物館をさらに進んだ先にグラン・サブロン広場がありますのでヴィタメールでのお茶の時間はどうぞ残しておいてくださいね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルフェボン

キルフェボンheart04から桜のタルトが新発売です。new

見た目が春らしくてかわいいピンク色の生クリームが春の小川をイメージします。桜を見立てた飾りつけも素敵です。

徳島県里浦産鳴門金時 "里むすめ"と胡麻のさくらタルトcherryblossom

http://www.quil-fait-bon.com/menu.php?tsp=7&tmn=15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トロワ・フレール

フランス語で3人兄弟と言う意味のトロワ・フレール、オーナーパティシエの松浦さんにはお子さんが3人いらしゃる事からこの名前をお店につけたそうです。一宮にあるケーキ屋さんです。生クリームのショートケーキは作りたてhappy01シロップを打っていないスポンジ生地なのにしっとりしています。

住所:一宮市神山二丁目2-1

電話:0586-46-6020

定休日:水曜日

営業時間:9:30~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (1)