« chococlub | トップページ | フローズンチョコレート »

チョコレートの保存方法

チョコレートはとってもデリケート。

夏の暑い時期や梅雨の時期はチョコレートにとってダメージが大きいので注意して下さい。

1.香りの強い物と一緒に保管しないで下さい。

2.湿気を嫌うので、容器の蓋をしっかり密封して保存して下さい。

3.チョコレート袋に入れたまま保存する時も、密封出来るようにしましょう。

4.冷蔵庫に入れてはいけません。保存温度は15~20度で、湿度50%以下の乾燥した部屋に保管しましょう。

5.夏場(6月から9月ごろ)は特に注意しましょう。エアコンの効いた部屋が理想的ですが、気温の変化が無い、直射日光の当たらない、水廻りの近くではない、室温28度以下だったらOKです。

6.冬場は寒すぎるとチョコレートが風邪をひきます。15度以下の部屋に保管しないで下さい。暖房器具の近くは避けて下さい。温度差が激しい場所や湿気の多い場所は避けて保管しましょう。

7.チョコレートが結露しないように注意しましょう。

人気ブログランキングへ

|

« chococlub | トップページ | フローズンチョコレート »

チョコレート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョコレートの保存方法:

« chococlub | トップページ | フローズンチョコレート »