« シャルロッテ | トップページ | 倖田來未 »

水あめ

水あめには冬用と夏用がある事を知っていますか?

最近、寒くなって来ましたよね。

季節が変わると、水分が多い冬用の水あめになります。

冬用は17.5~18.5%の水分。

夏用は14%~17%の水分。

室温が低くても固まらないように、調節してあります。

お菓子を作るのに少し加減をしないと難しい。

これが、季節が変わる頃が一番大変!

今の時期だと前の感じで使っていると感覚が違っていろいろと面倒です。

固形分は冬用が81.5%~82.5%で、夏用は83%~86%です。さらに春・秋用は85~86%と季節により若干変化します。

室温が高いとpHの低下が早くなり、着色度の増加。低温で保存した場合は粘度が高くなり作業性が低下します。

保存場所は直射日光を避け、室温で保存。

人気ブログランキングへ

|

« シャルロッテ | トップページ | 倖田來未 »

製菓材料」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
水飴に、夏用と冬用ってあるんですね。
驚きですcoldsweats02
これを、知っている人は、なかなか、いないでしょうね。
でも、固まらないように調整してくれてるのは、ありがたいですね。

投稿: ken | 2009年11月30日 (月) 19時48分

そうでしょ!
水あめがコーンスターチから作られていることも、最近、成分表を手に入れたので分かったことです。

投稿: akko | 2009年11月30日 (月) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203153/46894565

この記事へのトラックバック一覧です: 水あめ:

« シャルロッテ | トップページ | 倖田來未 »