« フランボワーズのマカロン | トップページ | 桂新堂 »

乾燥イチジク

トルコの乾燥イチジクの紹介。ルーツ貿易のホームページから

http://www.e-roots.co.jp/index.html

↑タリシュのイズミール中央工場は、1947年に設立されました。現在は中央工場を合わせ、6つの工場があり、中央工場の生産量は10,000t/年です。収穫されたいちじくは、収穫したものをアナトリア西部で、ラックに乗せて天日干しをします。自然のなかで栽培・収穫され乾燥したいちじくは食物用に衛生管理されたプラスチック製容器に保管後、部類分けされます。

http://www.taris.com.tr/

↑タリシュ社は、いちじく、レーズン、綿、オリーブ、オリーブオイルの農業共同組合として1915年に設立され、全国65ケ所、127,900人を超える生産者で活動しています。世界的に有名な高品質な原料として、早くからいちじくやレーズンの栄養・健康効果にも着目しています。

「イチジクの効果」

いちじくの栽培の歴史は古く(紀元前)、人類が最も古くから栽培していた果物のひとつだと言われており、新約聖書、旧約聖書を通してたくさん登場してきます。ドライドフィグは、ビタミン、ミネラル、カルシウムなどの栄養素を豊富に含んだ食品です。貧血の予防、骨や歯を守る、また血中のコレステロール値を下げるなどの効果があるといわれています。

豊富なカルシウム
「ミルクが飲めなくても、いちじくを食べればいい」といわれるほど、いちじくにはミルクと同じくらい豊富なカルシウムが含まれています。100グラムのミルクには一日に取るべきカルシウム摂取量の17%が含まれています。ドライド・フィグに含まれるカルシウムは他の植物性カルシウム源と比較してより吸収されやすいのです。人間のからだは、骨や歯をつくったり守るためにカルシウムを含む栄養素を必要としています。この栄養バランスをもつ食物はごくごくまれなのですが、ドライド・フィグにはカルシウムとともに他の栄養素も豊富に含んでいるため、ミルクとドライド・フィグは人間の栄養にとって特別重要なのです。

|

« フランボワーズのマカロン | トップページ | 桂新堂 »

製菓材料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203153/44413871

この記事へのトラックバック一覧です: 乾燥イチジク:

« フランボワーズのマカロン | トップページ | 桂新堂 »