« ルモワン | トップページ | 大雪原 »

あじわい32

明治乳業のフレッシュクリーム「あじわい32」「あじわい40」がnew新発売しました。

最近、各メーカー生クリームの営業さんがいろいろ持ってきてくれるので、今回は明治乳業の商品をブログで紹介します。

http://www.meinyu.co.jp/

新技術で実現した乳本来の自然のおいしさです。

牛乳本来の自然の美味しさにこだわって作りました。

http://www.tokyo-meihan.com/service/cream.html

↑パッケージは白に赤と青の文字でクリームのパーセンテージを区別しています。最近の生クリームは軽い傾向に変りつつあります。動物性生クリームでも45%から40%に変る事で軽い味わい。値段もお安くなります。パティシエにも優しい?!かな?

あじわいこだわり製法(製法特許出願中)によって良質な牛乳本来のやわらかな「あじわい」を大切に、濃厚で自然な甘さ、まろやかなコクと、すっきりとした後味のクリームに仕上げました。

http://www.meiji-f.com/goods2.html#goods2

●明治乳業のフレッシュクリーム●

あじわいこだわり製法とは?

ナノフィルトレーションというろ過膜に牛乳を通すことで、水分やナトリウム、カリウムを除去してクリームのおいしさをぎゅっと濃縮。

ナチュラルテイスト製法。製品内の酸素濃度を下げ、加熱殺菌による乳の酸化による風味劣化を防止。

|

« ルモワン | トップページ | 大雪原 »

製菓材料」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
先日某有名ケーキ店(チェーン店)でケーキを作っているところをじっくり・・眺めていたらこの「あじわい40」を使っていました。
結構美味しいクリーム使っているな(昔は・・)(ここ何年かは食べていません)と思っていたけど、新発売のものを使っているとは・・。
昔とは味が変わったのかな??
この「あじわい40」と乳脂肪分5%のクリームと、森永の乳脂肪分45%のクリームを混ぜて使っていました。角が立っているのにそれでもぐるぐるかき回しても分離していないのが不思議でした。
やはり5%のが加わっているからなんでしょうか?

投稿: えのきち | 2009年1月13日 (火) 23時35分

はじめまして、えのきちさん。
生クリームを数種類混ぜるケーキ屋さんは何処でもよくある事です。パティシエ達はオリジナルの味を作るためにケーキの種類によって生クリームを使い分けています。
因みに乳脂肪分5%のクリームは存在しないので牛乳のことですか?それとも、無脂乳固形分の事でしょうか?
生クリームの%計算はピアソンの四角法と呼ばれています。

投稿: akko | 2009年1月14日 (水) 23時24分

こんばんは
『生クリームを数種類混ぜるケーキ屋さんは何処でもよくある事です』
そうなんですね!!

ちなみに5%のクリームはラクレールという名前でした→
http://www.fujioil.co.jp/fujioil/product/pan_index2.html

投稿: えのきち | 2009年1月16日 (金) 21時39分

生クリームに付いて説明します。乳脂肪のみのクリームに比べて乳主原と表示されるクリームを混ぜる事でホイップの安定性、作業性にすぐれます。
お店で食べた時は美味しかったのに、持って帰って美味しくなかった経験はありませんか?この場合そのお店では乳脂肪のみクリームを使っている可能性が多いです。しかし、時間が経過しても美味しさを維持できるクリームとして優れているのが植物性脂肪のクリームです。

投稿: akko | 2009年1月18日 (日) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203153/41428575

この記事へのトラックバック一覧です: あじわい32:

« ルモワン | トップページ | 大雪原 »