« パティシエのお仕事: サロン・ド・テ・スリジェ | トップページ | CHEF RUBBER »

NIPPN

パティシエ達は粉に関してブーランジェ達よりも疎かに考える傾向にあります。チョコレートや卵、生クリームなど他の材料に関してはこだわりを持つシェフが多いのに、小麦粉を新商品に変えようとか考えるシェフは少ないですね。

http://www.nippn.co.jp/index.html

日本製粉株式会社のホームページです。家庭用薄力粉ハートの会社です。

新商品『アンシャンテ』ENCHANTE

「洋菓子」を極めるための新しい小麦粉。これまでになくスムーズな「手合わせ」と最高の「口どけ」を実現。和泉シェフは今回の講習会で「ルレ・オ・カプチーノ」にこの粉を使用しました。

『アフィナージュ』AFFINAGE

小麦粉の深い味わいと、すっきりした口溶け。日本製粉がご提案する全く新しい発想の菓子専用粉です。「ショコラ・オ・カラメル」「エソール」「フィナンシェ・ショコラ」に使われました。パウンドケーキはよりソフトに、サブレはこれまでにないサクサク感が強調されます。

ナチュラルなお菓子が食べたい!―国産小麦粉 全粒粉 黒砂糖 ブラウンシュガー はちみつ メープルシロップなどが主役です (別冊家庭画報)

↓世界パティスリー東京でアンシャンテを使ったマドレーヌを紹介。2009.3.13~15

http://i.allabout.co.jp/users/48406/diary/show/22742

|

« パティシエのお仕事: サロン・ド・テ・スリジェ | トップページ | CHEF RUBBER »

製菓材料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203153/16376408

この記事へのトラックバック一覧です: NIPPN:

« パティシエのお仕事: サロン・ド・テ・スリジェ | トップページ | CHEF RUBBER »